【家を売るなら】必見!高く売却するための3大ポイント

SRE不動産(旧SRE不動産)の特徴や評判

SRE不動産は2014年にソニーグループが設立した不動産会社です。「不動産業界に新しい価値と選択肢を」をコンセプトに東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県を中心にサービスを展開しています。売買はもちろん、不動産を貸したい方のサポートやリフォーム、リノベーションも行っています。

 

※便利なサービス「おうちダイレクト」
おうちダイレクトはソニーグループとYahoo!が共同で運営している一括査定サイトです。お互い大手なので安心感があり、SRE不動産の査定額と比較できるので便利です。

「おうちダイレクト」を見てみる

 

SRE不動産のおすすめポイント

 

SRE不動産のサービスはとことん利用者目線である点が多く見受けられます。自社の利益追求よりも利用者の満足に重きを置き、常識にとらわれない新しいサービスを次々に発信し続けています。

 

IT技術を用い精度が高い見積もり額を出せる

 

SRE不動産は物件の価格を算定するためにIT技術を採用しています。膨大なビッグデータと照らし合わせて「70%の確率で買い手がつく値段」を即座に弾き出してくれるので、誤って安い値段で見積もりを出されるようなことがなく、後悔のない取引ができます。

 

仲介手数料無しで売却できる

 

SRE不動産が、ヤフー不動産と共同で展開する「おうちダイレクト」というサービスを利用すれば、売却希望者は手数料無しで売りたい物件を売却することができます。基本情報から算出された相場価格が気に入らなければ、自分で調整することもできます。

 

片手取引で徹底的に利用者目線

 

SRE不動産は購入・売却それぞれに専門のエージェントを用意して、片手取引に徹します。こうする事で「大きな利益が得られるから」と、顧客に無理な条件を押し付けて強引に両手取引をまとめてしまう心配がなくなり、徹底的に顧客の立場に立って、他の不動産業者からも幅広く購入希望者や希望物件を探すことができます。

 

SRE不動産の取り組み

 

SRE不動産の母体となるソニーは電化製品だけではなく保険や金融、音楽など様々な分野において新しい価値を生み出し、それぞれの業界において革新を与えてきました。不動産業界においても例外ではありません。

 

不動産業界の革新と透明化に尽力

 

SRE不動産は「不動産業界に新しい価値と選択肢を」のコンセプトのもと、業界に革新を与える取り組みを積極的に行っています。片手取引に徹することや、「おうちダイレクト」のようなサービスなど、どれも顧客目線で考えた結果生まれた物です。このようなサービスをどこよりも早く行い、前例を作ることで業界の革新に挑み、利用する側である私たちにとって利用しやすい、透明性のある不動産業界を創り出そうとしています。

 

ヤフー不動産との提携によるサービスの充足

 

SRE不動産はヤフー不動産と提携して、今までの不動産業界の「当たり前」の枠にとらわれない新しいサービスを発信し続けることを考えています。「おうちダイレクト」はその第一弾となりました。通常であれば、客を取り合うことになる不動産業者同士で新しい取り組みを行うというのは非常に珍しいことです。これが良い例となり、不動産業者同士がさらに連携を深めて、全体で業界の革新に取り組むようになれば利用者にとっても大きなメリットになります。

 

まとめ

 

SRE不動産はまだ比較的新しい不動産会社ですが、今まで保険や音楽、金融など様々な分野において新しい価値を生み出してきたソニーグループが母体なので、今後どのような革新を不動産業界に与えてくれるかが楽しみです。一都三県とまだエリアも限られていますが、これからエリアを拡大する予定もあり、その動向から目が離せません。

ページの先頭へ戻る