【家を売るなら】必見!高く売却するための3大ポイント

自宅を不動産業者に買い取ってもらうのは損なの?

不動産業者の中には、仲介を行なわず、
直接家を買い取ってくれる業者もあります。

 

ただし、この場合、どうしても仲介で家を売るより、
安い査定額がついてしまうことになります。

 

では、家を業者に直接買い取ってもらうことは、
やはり損なのでしょうか?

 

仲介と買取の違いについて

 

まず根本的なところから説明します。

 

仲介とは、不動産業者に買い手を探してもらい、
一般の人に家を買ってもらうことです。

 

対して、買取とは、不動産業者自体が買い手になり、
売主から家を購入することです。

 

これらの違いで一番大きいのは査定額ですが、
そのほかにも様々な面で違いがあります。

 

ここでは、仲介に対して、買取のメリット・デメリットという形で、
それを紹介しましょう。

 

買取のメリット

 

売却までの期間が早い

 

買取のもっとも大きいメリットは、
売却までの時間の早さです。

 

仲介とは違い、査定額=買取価格になるので、
その価格に納得できた時点で、売買が成立します。

 

後は書類上の手続きなどが済めば終わりですので、
引渡しは長くても1ヶ月、短ければ1週間以内に終わります。

 

また、売却までの期間はある程度調整が効くので、
新しい住居が決まった時点で売りたい、などの相談もできます。

 

周囲の人に知られることがない

 

仲介で家を売るとなると、不動産売買のサイトはもちろん、
場合によってはチラシなどに自分の家が売家として掲載されることもあります。

 

そうなると、必然的に周囲の人たちに家を売ることがバレることになりますね。

 

別段後ろ暗いことがなくても、
家を売るのを周りに知られたくない、という人はいるでしょう。

 

そういう人にとっては買取もひとつの手段と言えるかもしれません。

 

瑕疵担保責任を負う必要がない

 

仲介で物件を売った後は、
必ず瑕疵担保責任を負わなくてはいけない、
という決まりがあります。

 

この瑕疵担保責任とは、
所有者が変わってから一定期間内は、不具合や故障が発覚したときに、
前の所有者が修繕費を負担しなくてはならない、
というものです。

 

分かりやすく言えば、家を売った後も、
屋根の水漏れや配水管の詰まりや破裂があったら、
こちらが負担してそれを直さなくてはダメということですね。

 

この責任は売主にとってかなりシビアな内容で、
そのせいで売値の半分以下を修繕にかける羽目になった人もいます。

 

ですが、売った相手が不動産業者の場合、
この責任を負う必要がありません。

 

住宅ローン債務の交渉を依頼できる

 

ローン残金が家の売値を上回っている場合、
基本的には家の売却はできないことになっています。

 

ですが、買取をしてもらうと、ローン債務の整理や支払いについて、
不動産会社が金融機関との交渉を行なってくれる場合があります。

 

特にローンの支払いが難しくなり、家を手放す場合には好都合ですね。

 

買取のデメリット

 

実際のところ、仲介に比べて買取のデメリットは多くありません。

 

ですが、そのデメリットがあまりにも大きいため、
買取を迷っている人も多いはず。

 

それは、査定額が仲介に比べて、70%程度になってしまうということです。

 

ただし、これが大きなデメリットにはならない場合もあります。

 

それはどういうケースなのか、次はその具体的な例を挙げてみましょう。

 

買取でも損にならないケースとは?

 

極端に築年数の古い家

 

仲介よりも買取を選んだほうが損をしないケースで、
一番多いのがこのパターンです。

 

築年数の古い家というのは、そもそも買い手がつきにくい傾向にあり、
また仮に買い手がついたとしてもどうしても安くしか売れません。

 

また仲介で売ってしまうと、瑕疵担保責任を負うことになり、
場合によっては手元に残る金額が限りなくゼロに近くなることもあります。

 

またこれを避けるために、リフォームをしようとしても、
リフォーム代金すら回収できない、ということが往々にしてあるものです。

 

それならば、相場の70%でしか売れなくても買取を選ぶのが賢い選択でしょう。

 

ちなみにどれぐらい古いと仲介が危険かというと、
おおよそですが、築20年以上が目安になるそうです。

 

なぜなら、この20年という年数が一般的に配水管などの寿命といわれているため。

 

もちろん配管工事などを行なっていれば、もう少し余裕はありますが、
本当に大丈夫か、というと安心はできませんね。

 

事故物件

 

何らかの事件・事故があった物件の場合、
これは基本的に買取をおすすめします。

 

理由はいうまでもないと思いますが、事故物件は仲介に出しても、
かなり安値でなければ買い手がつかないからです。

 

実際、事故物件の相場は、何の問題もない物件に比べて約75%といわれます。
そして、仲介の場合はこの売値から仲介手数料の3%が引かれますね。

 

そう考えれば、いつ買い手がつくかも分からない物件を仲介に出すよりは、
安くはなるもののの、売った後のリスクがなく、すぐに売れる買取を選ぶのが妥当といえます。

 

田舎の物件

 

戸建ての家を相続してどうしようかと迷っている人もいると思います。

 

こういうケースでは多くの場合、売りたい物件は田舎にあるのですが、
現在では人口の一極化が進んでおり、
田舎の物件はよほどの条件が揃っていない限り売れません。

 

また、田舎の物件の特徴として、
知り合いの大工に頼んで増改築を繰り返している物件が多くありますが、
これが実は建築基準法に違反していて、
いざ購入希望者が出ても、ローンが組めない、ということもあるのです。

 

このような状況では仲介でまともな値段で売れることが少なく、
実際に田舎の物件を検索すると、
数年にわたって売りに出ているさらし物件も多く見つかります。

 

いくら家を希望価格で売りたいからといって何年も待ってはいられませんよね?

 

こういった場合も素直に買取を選んだほうがいいでしょう。

 

買取が必ずしも損というわけではない

 

ここで紹介したように、買取は必ずしも損になるわけではありません。

 

仲介に出してみたはいいものの、
買い手がなかなかつかず、最終的に半値でしか売れなかった、
という話も少なからず耳にします。

 

そのため、家を売る場合には、
自分の物件と不動産市場のニーズをよく考え、
仲介か買取かを決めるのがいいでしょう。

 

とはいえ、念のため最後に言っておきますが、
よほどの理由がない限り、仲介で売れるなら買取を選ぶことはありません。

 

あくまでここで紹介したのは特殊なケースで、
仲介で売れそうならば、そのほうが売主にとって得になるのは当然です。

 

ですから、買取と仲介で悩んでいる人は、
まず仲介で売れそうかどうかを検討するところから始めましょう。

 

その上で、仲介での売却が難しそうなら、買取を選ぶというのが、
家の売却の基本です。

 

もちろん、あらかじめ買取の価格を知っておくのも悪いことではありません。

 

仲介の査定も、買取の査定も両方とも気になる、という人は、
それに適した一括査定サイトを利用してみるのもいいと思いますよ。

 

買取を考えている人におすすめの一括査定サイト

 

スモーラ
→スモーラの公式サイトへ

 

スモーラは、マンションリサーチという業界でも老舗の会社が運営するサイトです。

 

家の売却査定はもちろんですが、それ以外に「賃貸で貸したい人」や、
「不動産業者に買い取りをしてもらいたい人」でも利用できるサービスです。

 

事情があって今すぐ現金化したい人、買取価格を知っておきたい人は、
スモーラを使って買い取りしてくれる業者を探してみましょう。

 

仲介と買取で迷っている人におすすめの一括査定サイト

 

おうちダイレクト

 

おうちダイレクト

→おうちダイレクトの公式サイトへ

 

首都圏や関西圏でおすすめなのが「おうちダイレクト」です。
Yahooとソニー不動産が協力して運営している安心感のあるサイトです。

 

提携業者の中には売主にとって有利な片手仲介を、
公言しているソニー不動産が含まれます。
対象エリア内で売却を考えている人は、まず最初に検討したいサービスです。

 

イエウール

 

→イエウールの公式サイトへ

 

イエウールは日本最大級の一括査定サイトで、その名の通り家の売却に強いのが特徴です。
使い方も非常に簡単で、60秒で簡単に家の審査依頼ができ、
最大で6社の見積もりを比較できるので、売却価格の相場もわかりやすいです。

 

提携している業者数も1200社以上と非常に多いので、
日本全国から、一番高く売却してくれる業者を見つけることができます。

 

 

 

 

 

大切な家をより高く売るために、必ず抑えたい3つのポイントがあります。1つでも外すと、時には数百万円もの大損をしてしまう可能性も!!

  • いま契約している仲介業者を変更したい!どうすればいい?
  • できる限り高く!家の「売値」の決め方と「値下げ」の仕方
  • 将来自分で住む?それまで家を賃貸で貸すのは損なのか?
  • すぐ売りたい!家を不動産業者に買取してもらうのは損?
ページの先頭へ戻る