【家を売るなら】必見!高く売却するための3大ポイント

野村の仲介の特徴や評判、使った人の口コミまとめ

「野村の仲介」は野村不動産アーバンネットの住宅流通を担う部門です。東京、神奈川、埼玉、千葉、関西エリアに店舗を構え「あの人に、頼んでよかった。」をキーワードに、客の期待以上のサービスを提供することに力を入れています。

 

野村の仲介のおすすめポイント

 

野村の仲介では不動産取引の際に、様々なサポートや知識の提供などを行い、痒いところに手が届くサービスが行き届いています。不動産の取引は初めてという人が安心してお任せできることはもちろん、そうでない人であっても「こんなところまで気を配ってくれるのか」と驚かされるでしょう。

 

家を高く売るための様々なサポートやテクニック

 

家の中身を見ずに、家を買う人はなかなかいません。つまり家の中を見たときに印象が悪ければ、その家は売れないということになります。野村の仲介では、そんなことで家が売れないということを防ぐために、ハウスクリーニングはもちろん、荷物を預かったり、まるでモデルルームのように装飾をするなど、内覧の際に好印象を与えるためのサービスが徹底しています。

 

成約後のサポートや特典が手厚い

 

野村の仲介で成約すると、数々のサポートや特典が付きます。例えば定期的に開催されるイベントに招待されたり、再び不動産のことで仲介を頼むときに、仲介手数料を割引してもらえたりと様々なサービスや特典が付きます。仲介手数料の割引は成約者の親族も対象になるなどと太っ腹です。

 

怖い話で悩み解消

 

野村の仲介では「不動産取引の怖い話」を掲載しています。ここでは様々な不動産取引の失敗談が掲載されており、不動産取引における様々なマイナスポイントを、売手、買手目線で語っています。

 

意外な点がマイナスポイントになっていることに気づくことができるので、「どうして不動産が売れないのか」ということで悩むことが少なくなります。

 

野村の仲介の取り組み

 

「営業」と聞くと「家を安く買い叩かれる」「高い家を売りつけられる」などと、あまり良い印象を持っていない人もいるのではないでしょうか。野村の仲介では、そのような「営業」の間違ったイメージを払拭するための取り組みを行っており、それは実際に客への満足にも繋がっています。

 

営業マンと客のストーリーを公開

 

野村の仲介では、営業担当が客との取引の中で印象的だったストーリーを数多く掲載しています。読んでいると野村の仲介の営業担当が、どれだけ熱い気持ちを持って客との取引に挑んでいるか伝わります。営業担当者の写真も掲載されていて、より営業担当が身近に感じられる工夫もなされています。

 

徹底された社員教育

 

野村の仲介では「あの人に、頼んでよかった。」と言われる質の高いサービスを提供できるように「目先の利益よりお客様からの信頼を優先しているか」「『あれば嬉しい』気遣いができているか」など、自らを見つめ直す社員教育を徹底しています。

 

2016年におけるオリコン不動産部門顧客満足度で、大手を抑え1位になったことからも社員教育の徹底ぶりが伺えます。

 

まとめ

 

野村の仲介は徹底した社員教育と、客に満足してもらうための様々なサービスを兼ね備えており、その成果として確かな信頼と実績を積み重ねています。過去に不動産取引で嫌な思いをしたことがある人や、営業職に対してあまり良いイメージがない人は「こんなところもあるのか」と良い意味で驚かされることでしょう。

大切な家をより高く売るために、必ず抑えたい3つのポイントがあります。1つでも外すと、時には数百万円もの大損をしてしまう可能性も!!

  • いま契約している仲介業者を変更したい!どうすればいい?
  • できる限り高く!家の「売値」の決め方と「値下げ」の仕方
  • 将来自分で住む?それまで家を賃貸で貸すのは損なのか?
  • すぐ売りたい!家を不動産業者に買取してもらうのは損?
ページの先頭へ戻る