【家を売るなら】必見!高く売却するための3大ポイント

住友不動産販売の特徴や評判、使った人の口コミまとめ

住友不動産販売は1975年に設立され、店舗数250以上、従業員数も3,000人を超えるなど非常に規模が大きい住友グループの不動産会社です。北海道から九州まで日本各地の不動産を取り扱い、豊富な人材とネットワークで様々なサービスを行っています。

 

住友不動産販売のおすすめポイント

 

住友不動産販売は、売主にとって不動産を売りやすくなる仕組みを作ることで取引をバックアップし、取引後も手厚いサポートで安心できるサービスを行っています。ホームページには参考になる情報も数多く紹介されており「今すぐ売りたいわけではないけど…」という人にとっても参考になることがいくつもあります。

 

スムーズな売却

 

どんなに良い家を売ろうと思っても、その地域に家が欲しいと思っている人がいなければなかなか売ることはできません。住友不動産販売のホームページでは、近隣の購入希望者検索を行うことができます。仮に住んでいる地域に購入希望者がいた場合、スムーズな売却ができる可能性が高まります。

 

家のおおよその売却値段を予測

 

家を売りに出す前に「自分の家がいくらで売れるのか」ということを知りたい人も多いでしょう。住友不動産販売のホームページでは、近隣の売り出し中の物件を検索できるので、自分の家がおおよそいくらくらいの値がつくのか、予想が立てやすくなります。また、近隣での住み替えを考えている場合は住み替え先を一緒に探せるというメリットもあります。

 

家を短期間で売る秘訣

 

家を売る際に、いつまで経っても家が売れない可能性は少なからずあります。住友不動産販売のホームページでは、過去に不動産取引や住み替えを短期間で完了した人にインタビューを行い、成功の秘訣を公開しています。不動産取引が初めての人はもちろん、そうでなくとも参考になる内容です。

 

取引後のサポートが手厚い

 

住友不動産販売で不動産取引を行った後、住宅に欠陥が見つかったり設備に不備があった場合、住友不動産販売の負担でそれらを修繕します。また、それだけではなく鍵や水回りなどのトラブルに対しても24時間365日対応してもらうことができます。

 

住友不動産販売の取り組み

 

住友不動産販売では顧客に満足してもらえるように、徹底した社員教育と営業スタイルにこだわりがあります。顧客と直接関わる社員に目を向けた取り組みは顧客満足度の向上につながり、年間3万件以上という業界トップクラスの成約数にも繋がっています。

 

ステップアップさせる社員教育

 

通常、プログラムを組んで社員教育を行うのは入社当初の頃だけですが、住友不動産販売では少なくとも5年間はプログラムを組んで社員教育を行います。さらに役職ごとにもプログラムを組んで教育を行っているので、社員がいつまでも初心を忘れないでいられることに加えて、ステップアップし続ける仕組みになっています。

 

顧客と営業担当が信頼関係を築きやすい仕組み作り

 

住友不動産販売では一人の顧客に対して、一人の営業担当者が案内から引き渡しまでを一貫して行うことで、一連の流れの把握と信頼関係の構築を行いやすくしています。もし何か確認したいことがあれば、営業担当が窓口となり、即座に答えももらいやすくなるので安心して取引を行うことができます。

 

まとめ

 

住友不動産販売は、不動産取引を行う人が安心して取引を行いやすいサービスを提供すると共に、顧客と直接関わる営業担当の教育や営業スタイルにこだわることで、様々な面から顧客が満足できる形を作り出しています。一度相談してみると営業担当者やサービス内容の質の高さを実感でき、業界トップクラスの成約数を実現できる理由が分かるでしょう。

ページの先頭へ戻る