【家を売るなら】必見!高く売却するための3大ポイント

業者の「両手仲介」に気をつけよう

不動産を売る場合、すぐに売れるという嬉しいケースを除けば、
売却価格の値下げをするのは珍しいことではありません。

 

むしろ、値下げをせずに売れることのほうが少ない、
とまで言ってもいいでしょう。

 

ですが、売り出し直後から値下げを強く薦めてきたり、
あるいは強硬に値下げを迫ってくる業者がいる場合は注意しましょう。

 

なぜなら、そんな業者は「両手仲介」を狙っている可能性があるからです。

 

「両手仲介」と「片手仲介」

 

念のため説明しておきますと、「両手仲介」とは不動産業界の専門用語のひとつ。

 

売主と媒介契約を結んでいる物件を、自社で見つけた買主に売ることで、
売主、買主の両方から仲介手数料をもらうことを両手仲介と言います。

 

余談ですが、両手仲介とは逆に片手仲介という言葉もあります。

 

これは、他社が媒介契約を結んだ物件を自社で見つけた買主に売ること、
または自社が媒介契約を結んだ物件を他社が見つけた買主に売ることです。

 

この場合、仲介手数料は、買主か売主のどちらかからしかもらえませんので、
片手仲介と呼ぶのです。

 

さて、ここでひとつの疑問がわくと思います。
上記の説明だけを見ると、特に両手仲介に悪いところが見当たりませんね。

 

また、不動産業者がこれを理由に値下げを迫る理由が分からない人もいるでしょう。

 

ですが、それはあくまで公平な取引の上で、
仲介された場合ばかりを考えているからではないでしょうか。

 

実際のケースを交えながら、
なぜ両手仲介を狙う業者に注意すべきかを説明していきましょう。

 

 

両手仲介を狙う悪質業者の手口

 

ここからは、両手仲介を狙う業者の悪質な手口について紹介します。
なぜ両手仲介を狙う業者に注意したいのか、その理由が分かるでしょう。

 

ケース1:物件を値下げしてでも自社の利益を重視する

 

このページの表題にもしていますが、
売主が両手仲介の犠牲になるケースで一番多いのがこれです。

 

まず大前提として、売主にとってみれば、どの業者が見つけた買主だろうと、
高く売れるならばそれに越したことはないはずですよね。

 

しかし、不動産業者にとってみれば、誰に売るかは死活問題になります。

 

例として、売却価格が3000万の物件を扱う場合を考えましょう。

 

仲介手数料は売却価格の3%+6万円が相場なので、成約に至った場合、
売主と買主はそれぞれ仲介した業者に、96万円ずつ支払うことになります。

 

このとき、もし業者が買主も自分で見つける両手仲介に成功した場合、
売主と買主からそれぞれ、96万円ずつ、合計192万の利益を手にすることになります。

 

一方、他の不動産の紹介で買主が見つかり、成約に至った場合、
買主側の仲介手数料は、紹介した別の不動産がもらうことになるため、
業者は売主側の仲介手数料96万円しかもらうことができません。

 

良心的な業者なら、片手仲介だろうと、物件が高く売れるのがベスト。
仲介手数料が入るならそれでよいと思うでしょうが、そうではない業者もいます。

 

悪質な業者は、物件を安くしてでも両手仲介を行い、
片手仲介で得られる96万円以上の利益を出そうとするのです。

 

極端な話ですが、そういう業者は両手仲介ができるなら、
物件を2000万円に値下げしてでも売ろうとするでしょう。

 

2000万円に値引きしたときの仲介手数料は、2000万×3%+6万=66万円。
これが売主・買主双方からもらえるため、利益は132万円になりますね。

 

業者のたった40万円弱の利益のために、
売主が1000万円近くの損失を被ることになるかもしれないのです。

 

ケース2:他の不動産業者に情報を与えない

 

先ほどの事から、業者にとっては両手仲介のメリットが大きいというのが分かります。
もちろん、それがベストなのは言うまでもありません。

 

しかし、一般的な業者であれば、両手仲介は「できればいい」ぐらいのスタンスで、
片手仲介になっても、まずは「早く、高く、売る」のが基本です。

 

ですから、広告活動などにも力を入れ、広く買主を募集するのが普通です。
レインズへの登録も、一日でも早く済ませてしまうでしょう。

 

一方、両手仲介のみにこだわる悪質な業者の場合、
意図的に他の業者に情報を与えない可能性があります。

 

「でもレインズに登録されるなら、両手仲介ばかりを狙えないし、安心では?」
と思うかもしれませんが、悪質な業者の場合はその予想の上を行きます。

 

まず、レインズに登録する物件情報をかなり粗悪なものにする可能性があります。

 

レインズはA4一枚程度の簡素な物件情報ですが、
実際に足を運べない不動産や購入希望者からすればとても大事な情報です。

 

ですから、そのレインズにどれだけ魅力的な物件情報を掲載できるかが、
成約の可否に大きく関わってきます。

 

ところが、これをわざと手抜きで作り、まったく魅力的に映らないようにすることで、
本来購入希望者になるはずだった客まで排除しようとするのです。

 

そして、仮にそのレインズを見て、「内覧をしたいというお客様がいる」と、
他の不動産業者から問い合わせがあったとしても、

 

「その物件はすでに成約の予定があります」
と内覧を拒否する場合まであるそうです。

 

 

両手仲介を狙う業者を見抜くには

 

ここで挙げた例は、いずれもかなり極端で悪質なものですが、
どちらも実際の契約であり得ることだというのは覚えておいてください。

 

両手仲介ばかりを狙う業者と契約してしまうと、
あなたもこういった被害に遭うかもしれないのです。

 

では、両手仲介を狙うような悪徳業者はどうやって見抜けばよいのでしょう。

 

方法はいくつかあります。

 

  • 大幅な値下げや値下げを強要されたら、理由を聞く
  • 適切な広告活動を行なっているか、活動報告をしっかり見る
  • 自分の不動産が情報サイトに掲載されているかチェックする

 

しかし、こうした注意をしていても、
確実に両手仲介を狙う業者を見抜けるわけではありません。

 

向こうはプロであり、理由付けはいくらでもできるでしょう。
口先三寸でごまかされてしまう可能性も否定はできませんね。

 

また、残念なことに、こうした両手仲介を狙うのは、
違法でも契約違反でもなんでもなく、
至って日常的に溢れている事例なのです。

 

 

両手仲介を避けたいなら一括査定サイトで業者を探そう

 

実際にされると、とんでもない損失になるかもしれない、
それなのに見抜くことも難しい両手仲介をどうやって避ければいいのか。

 

最も簡単な対処法は、
そもそも両手仲介を行なうような業者と契約しないことです。

 

具体的には家を売るときには一括査定サイトを通じて、
仲介業者を探すのがベストです。

 

知っての通り、一括査定サイトには様々な業者が登録されていますが、
業者が登録申請を通過するには、
運営母体が定める一定の基準を満たす必要があります。

 

両手仲介を含む悪質な営業を行っていないか、もチェックされているとのこと。

 

もちろん、一括査定サイトに登録されている業者の全てが
クリアな業者で騙される心配が一切ない、とは言い切れませんが、
それでも自分で探すよりはよほど安心できるでしょう。

 

また、もし悪質な営業が確認できた場合、
消費者組合を通じて一括査定サイトに連絡をすれば、
その業者は査定サイトの登録を抹消されるはずです。

 

そのような事態は、業者としても困るでしょうから、
まず悪し様に扱われることはないと予想できますね。

 

ここでは、そんな一括査定サイトの中でも、
運営母体が信用できる選りすぐりのサイトをいくつか紹介します。

 

両手仲介をするような業者と契約をしたくないなら、
まずこれらのサイトから業者を探してみてください。

 

運営母体が信用できる一括査定サイト

 

HOME4U

 

HOME4U
→HOME4Uの公式サイトへ

 

HOME4Uは、業界最大手の一括査定サイトで、日本全国の不動産業者をカバーしています。
運営元もNTTデータ(NTTグループ)なので、安心して使えるNo.1のおすすめサイトです。
初めての人は、まずこのサイトから使っていけば間違いないと思います。

 

ここを使って仲介業者を探せば、いくつか候補が出てくると思うので、
その中から対応が良くて信頼できそうな業者を見つけましょう。

 

 

ソニー不動産

 

ソニー不動産
→ソニー不動産の公式サイトへ

 

こちらも大手ソニーグループが運営する不動産サイトです。
他の一括査定サイトと違い、対象地域が限られていて、
「東京・神奈川・埼玉・千葉」の4都県に住んでいる人しか利用できません。

 

ただし、「両手仲介は絶対にしない」と明言しているので、
対象地域に住んでいる人にとってはかなりおすすめのサービスです。

 

売却だけに専念してくれる分、高値で売れる確率がアップするので、
4都県に住んでいる人は第一候補になると思います。

 

 

 

スモーラ

 

スモーラ
→スモーラの公式サイトへ

 

スモーラは、マンションリサーチという業界でも老舗の会社が運営するサイトです。
運営の実績が長いというのは、それだけで信用に値する事実です。

 

また家の売却査定はもちろんですが、それ以外に「賃貸で貸したい人」や、
「不動産業者に買い取りをしてもらいたい人」でも利用できるサービスです。

 

事情があって今すぐ現金化したいが、業者に足元を見られそうでいやだという人も、
スモーラを使って買い取りしてくれる業者を探してみましょう。

ページの先頭へ戻る